インナーチャイルドの7つの癒やし方

 

大人は子供の延長です

子供の頃に体験したことは、大人になってからも影響を与えています

体験によってはよかったこと、楽しかったことだけでなく、辛かったこと、寂しかったこと、悔しかったことなど、さまざまな事が心に刻まれて大人になっていきます。

 

とくに辛い経験などのネガティブなことは心に傷として残り、大人の自分を操作していることもあります。

 

この心の傷を優しく癒やしてあげることで自分の中にある子供の心と大人の心をバランス良く保ち、驚くほど輝いた人生を歩むことができるようになります。

 

まずはインナーチャイルドに耳を傾け、気づいてあげることです。

 

この記事を参考にどうぞ >> インナーチャイルドとは?

 

インナーチャイルドの7つの癒やし方

 

こちらでは自分で癒せるインナーチャイルドの方法について7つのポイントを紹介していきます。

 

1、子供時代の嬉しかったこと、楽しかったことを思い出す

 

子どもの頃にタイムスリップして、良かった思い出に浸ってみましょう

ここでのポイントはネガティブな思い出にフォーカスしないこと。

誰となにをしてどんな時間を過ごしたか?

心にプラスとなった思い出を回想して楽しんでみましょう。

 

2、笑う

 

 笑う、という動作は心も身体も空間もプラスにしてくれます。

コミカルな番組や映画、本などを利用してもOK。
 笑顔のパワーを活かしましょう。

 

3、泣く

 

大人でも時には大声で泣いてもいいのです。
子どもの頃、泣いたことでリセットできたことを覚えているはず。

涙と一緒にネガティブなものを流してしまいましょう。

 

4、自分を抱きしめる

 

自分自身を愛していますか?

一番大切な存在でありながら、自分のことを後回しにしていませんか?

『自分はいつもがんばっていますよ。』、『大丈夫』と声をかけて自分を優しく抱きしめてあげてください

5、誤解を解く

 

子どもの頃は自分のやりたいことでも、「ダメ」と否定されたことがあるかもしれません

たとえば『もっとお菓子を食べたい』と言ったとき、親が『ダメ』というかもしれません。
子供は自分の願望を否定された、自分を否定されたと思います。

 

しかし親はダメの言葉の裏に、肥満予防とか虫歯予防とか 身体のことを考えた愛情の意味が含まれているのです。

 

大人になってどちらの立場の気持ちも理解できると、子どもの頃の誤解に気づき、心の傷を癒やしたり過去を手放すことができます。

自分がこだわっていたことが、「愛情表現」や「その場の冗談」だったりすることもありますので、思い込みや誤解がなかったか気づいてみましょう。

6、自然にふれる

 

 自然の力は雄大です。

大きくどっしりと構え、決して見返りを求めず、ただ素直に生きる、ということを教えてくれているようです。

近くの公園や、草原、森、海、山などどこでもいいです。
目を閉じて自然を感じてみましょう。
目には見えなくても、自然には大きな癒しのパワーがあるのです。

ペットや動物に触れることでも癒やしパワーを頂くこともできます。

 

7、色のパワーを使う

 

インナーチャイルドの癒やしには暖色系のカラーが力を貸してくれます。

特に、オレンジ系やコーラル系がオススメ

自分が落ち着くお部屋のインテリアに取り入れてみることで、優しく包まれているような感覚になります。

自分で癒やすことが難しい場合やインナーチャイルドに気づいてあげられない場合は
ヒーラーにヒーリングをしてもらうのもオススメです。

 

実は電話占いでヒーリングをしてくれる占い師もいます。

 

心理学の資格を持つ占い師もいますので、安心してヒーリング&未来鑑定を受けることも可能です。

 

サポートサービスに電話をして
ヒーリングのできる占い師希望」と伝えましょう。

 

[char no=4 char=”guide”]インナーチャイルドを手放して、 輝く人生の中、あなたらしい毎日を過ごしてください。[/char]

 

プロのヒーラーがインナーチャイルドを癒やす >> サポート充実の電話占い

error: