先に知っておかなければならないことは
占いは100%的中するものではない ということです。



占いとは
「今現在からみると、こうなるだろう」という予測ですので、
未来が変わるのと同様に、占いの結果が変わることもあります。


 

では、占いで幸せになることはできないのでしょうか?


いえいえ、 占いで幸せになった人はたくさんいます。


占いは幸せにしてくれるひとつのツールであるだけで
占いが人を幸せにするわけではなく
占いを上手に活かすかどうかがカギになってきます。


そのために大切なことは、「占いに依存しないこと」です。


自分の人生ですから、未来を恐れず、まずは自分で決断するというスタンスが大切です。



こちらの記事も参考にどうぞ ↓

未来は決まっているか?


占いを活かす方法とは?





まず自分自身を知る占いとして、運気を割り出す占術を活用していきましょう。

生まれた日を基準にして、運気や運勢が決定します。この運気や運勢を最大限活かすことが、幸せへの近道となります。


guide

運気は波のようになっていて、良い時もあれば、悪い時もあります。

運気の悪い時は、行動的にならずに自分の身になるための勉強をするのに適しています。
運気の良い時は、運気が悪い時に貯めた知識や経験を活かすべく、活発に行動する時です。

 


このように、運気の良い時と悪い時には動き方が違いますし、逆の動きをすると、うまくいくものが行かなかったり、トラブルが発生したりするのです。


 

スムーズに結果を出すためには、あらかじめ運気の良し悪しを知っておくことが大切です。


 

にも吉の行動と凶の行動が記されています。





一番よく利用されているのは六曜。「結婚式は仏滅を避け、大安が良い」「葬式は友引を避ける」など日頃からよく使うものです。


 

この六曜以外にも神社で使う暦や行者の人が使う暦もあります。


 

ただ暦だからといって馬鹿にすると、失敗することも多いようです。



guide

せっかくあるものならば、上手に使うことができると良いですね。



また、「占い師に占ってもらう」メリットは
占い結果から自分だけに向けられた、さまざまなアドバイスがもらえることです。


よく『素直な人は幸せに近い』と言う占い師さんは多いようです。


自分では『意外だな。』と思っても素直にアドバイスを聞き入れ、実際に行動してみることで新たな発見や出会いがあったり、不思議と運気が開けたりするものです。


占いに時間とお金を使っても
もし批判的な思いや言葉ばかりが出てくるようなら、幸せをつかむにはまだ長い道のりを歩まなくてはならないかもしれません。


 

占いをしても最後に決断するのは、占い師ではなく、自分自身であることを忘れずに。


占いを活かすも殺すも自分次第。

占いを上手に使うと、開運することができます。開運できれば、より早く、スムーズに幸せをつかむことができるのです。


guide

身近にある占いを上手に使えば、幸せを引き寄せやすくなります。


ランキングを見る

営業時間&サポート ランキング