もしあなたが占いに興味のある方なら、一度は「カルマ」という言葉を聞いたことがあるかもしれません。


仏典にも出てくる言葉で、カルマ=業(ごう)で、「行為や行い」という意味で使われます。

ただ「行為」だけではカルマの意味はとらえにくいので、ここでカルマについて少し解説していきます。

カルマ=業(ごう)とは・・・


カルマは前世に行った行為(カルマ)が、良い行い悪い行いに関わらず自分に返ってくるいう因果応報の思想です。良い行いは自分に返ってくると嬉しいですが、苦しみや恐怖をなら、それらを自ら回収しなければならないのは辛いことですよね。


人は多くの人とご縁があって出会います。


特に親子や夫婦など家族の場合は深いご縁があり、現世だけでなく過去でも、関係は違へど、深いつながりがあることが多いです。


物事には必ず原因(行為すること)があって、その行為の結果があります。


互いに良い行いをすれば、よいカルマとして返ってくるので、困った時に手をさしのべてくれたり、笑顔で接したりするでしょう。


反対に、過去世で辛い目に合わせたり傷つけたりした場合、時を越えて今世では自分にその行為が返ってきます。



できるなら辛い目に合いたくない・・・



 

カルマの解消というのは、あなたにとってマイナスとなるカルマを解消をすることです。

カルマを清算して善人になると、魂も綺麗になるようです。

 


よく「人生は学びの場」といいます。



カルマについてはいろいろな定義の仕方がありますが、カルマは「前世から引きづったものを解消するためで、この世は学ぶ為に生きている。」

だから、良い事をして魂を磨いていくことが今世の課題といえるのでしょう。学びに年齢はありません。人生の最後の瞬間、『今世の生き方・思い・行為・良い事、悪い事、一瞬ですべてを振り返る』といいます。

そこで悔いのない人生だと感じることができれば最高だと思いませんか。


今世で学ぶことができる喜びを感じましょう。


カルマの解消


先ほどもお伝えしたように、なにごとにも必ず原因があり、結果があります。

たとえば「自分が運が悪いのは、○○のせいだ。」と親やモノのせいにして済ますと確かに楽です。
認めるのは耐え難いこともあるかもしれませんが、それは自分のした行いの結果なのです。
自分に原因があるのです。


それを認めることで、自分の行為を受け入れ、時には反省することもあります。

そうすることがカルマの解消につながり、ここできちんと学べば、次は同じような行為をしないはずです。


しかし、自分ではカルマに気付きにくいこともあります。

なぜこんなことになるのだろう?


そういったときには、占い師の力を借りるのも1つの方法です



カルマについてこちらの記事も書いてみました↓

占いでみえてくるもの

自分のカルマを素直に認め、解消するお手伝いをしてくれます。カルマを解消することで人の体に存在するチャクラ(体にあるエネルギーの部分)も浄化されていきますので、自分でも驚くくらい人生を楽しく過ごせるようになります。


 


占い師によっては、カルマを解消したり、チャクラの透視、チャクラ浄化をしてくれる方もいますので、気になる方は相談してみるのもいいでしょう。


老舗別 電話占いランキング