もし占いでよくないことや望まない答えが返ってきたら、残念な気持ちになるかもしれません。


 


占いは「今、占った「この瞬間」からみた未来」ですし、
未来は100%決まっているものではありません


単に「占いが外れた」のではなく、もし今のままだと、占いの結果通りになる恐れがあるという考えてみてはいかがでしょう。


人生は乗り越えることのできる試練しかない、といわれます。


自分自身が想像もしていない良き未来をつかむためには、この試練を乗り越えなければならないのです。






でも必ず乗り越えられます
そして試練を乗り越えることで得る副産物はたくさんありますから、チャレンジすることが大切です。


占いはすべてではありません。占い結果と正反対の未来になるかもしれません。
そのような場合は、どちらに進んでもOK!ともとれます。


同じものを見ても、見るための道具や、見る角度や方向、見る人によって見え方が違うのは、よくあることです。





「あいまいだから占いがダメ」、と単純に決めつける前に、占いをしたことですでに未来の状況は変わっていったことに気づいてください。


単に「外れた」ではなく、「もしかしたら、そういう考え方もあるかもしれない」と柔軟に捉えることで、対応策を準備しておくことができるようになります。


占いのアドバイスを参考に対応策をいくつも持っておけば、冷静な判断の元、自分が望む未来を手にしやすくなるのですから。



ただ、どうしても納得いかない場合は、以下の理由が考えられます。


  • 占い師のレベルが低い
  • あなたと占い師の相性や波長が合わず、みえる未来が歪んでしまった。
  • 自分の思い描く答えではなかった。



こんなときは、別の先生に占ってもらうのも一つの方法です。


その場合は、自分と相性が良い先生を選択するのがベストなのですが、そういった特定の先生がいない場合は、電話占いのサポートセンターで紹介してもらったり、口コミを参考にしたりしましょう。


もし別の先生に占ってもらい、答えが分かれた場合は、さらにもう一人の先生に占ってもらうことをお勧めします。

そうすると、多数決ではないですが、2対1で答えの多い方を選択されるという方が多いようです。



guide

普段から相性の良い占い師を3人ほど見つけておくとよいといわれるのも、こんな理由からなのですね。


営業時間&サポート ランキング